STAFF BLOG
スタッフブログ・みのり日記

旗竿地 避難経路

こんにちわ。みのり商会の井川(イカワ)です。

先日土地の案内中に質問がありましたので、お答え出来ればと思います。

旗竿地という土地に多いのですが、「幅員」と「接面」は、その土地が幅何mの道路に何m接しているか表しています。
原則として幅4m以上の道路に2m以上接していなければ家を建てることはできません。
そしてなぜ2m必要かというと、きちんと避難経路として必要だからです。

旗竿状の土地の例

旗竿地のメリット・・・通常の土地価格より安く手に入る。大体2~3割坪単価安く手に入る可能性があります。
 〃 デメリット・・・通路部分が2m程度の場合は駐車スペースとすると、軽自動車でも幅が1.5m弱あるため、自動車の往来が難しくなります。
           さらに2台以上の駐車スペースを確保するためには、縦列駐車となるケースが多いです。
【参考例】
https://minori-group.s3.amazonaws.com/pdf/2018/01/10/9359418de397f28a31fb58fa6a306dc63354909b.pdf
https://minori-group.s3.amazonaws.com/pdf/2018/01/10/c91ece3aa5af8e3182b7f9788ea0ed362ba4f7f7.pdf
資料請求はこちら
みのりホームの無添加住宅 ティータイム通信

無料ご相談・お問い合わせ

※お電話の受付時間 9:00~18:00
(定休日:年末年始)