STAFF BLOG

スタッフブログ・みのり日記

リフォーム 家づくり

古民家再生

築80年くらいの建物をリフォーム中です。
石の上に柱が立てられる「石場建て」の家です。
最近の家ではほとんど見かけませんが、石場建ては木の繊維方向への強い耐力を活かした構造です。
しかし一方で地震時の引っ張りに弱いという弱点があります。
もちろん地震対策も今回行うのですが、
石場建ての場合は普通の耐震補強工事をしてしまうと引っ張り力が増幅してしまう問題が出てきます。
その点もしっかりと対策をして工事を行っています。

丸太の小屋組みは迫力がありますね!
砂野棟梁が現場で木材を刻んで木構造の補強工事中です。

みのりホーム 寺川

資料請求はこちら
みのりホームの無添加住宅 ティータイム通信

無料ご相談・お問い合わせ

※お電話の受付時間 9:00~18:00
(定休日:年末年始)