STAFF BLOG
スタッフブログ・みのり日記

日頃の話

実り(みのり)の秋

 職場の教養10月号より

秋は実りの季節です。その昔、日本は瑞穂の国といい、稲作を中心に栄えてきました。

春に蒔かれた籾は苗床で成長し、田植えによって広々とした水田に移植され、梅雨の雨や夏の

強い日差しを受けて伸び栄え、やがて秋に実るのです。

  米作りは、八十八もの手間がかけられた事から、「八」「十」「八」を組み合わせた文字が「米」に

なったという説もあります。

  戦後の食料難時代に生まれたAさんは、稲作農家に育ちながら、米を思う存分に食べさせて

もらえませんでした。当時の農家は「米は売るの物」で、自らはサツマイモや麦を混ぜて食べ、

米は必要最小限の脇役でした。

 Aさんが小学生だった時、学校で食べた弁当箱を持ち帰り台所に置いたところ、洗い始めた

母親に「ご飯が一粒残っている!」と、大変しかられました。

 それからは外食も駅弁のご飯も食べ、今も習慣にになっているとのことです。

 米に限らず、野菜、果物などすべての食べ物には命があります。その命を頂く人間が

「いただきます」と感謝して食べるのは当然の行為でしょう。

   私も小さいころから、米粒を残すなと育てられました。親から指摘されたときは気をつけますが

指摘されなければ忘れることがあります。

  親から指摘されて気をつけるのではなく、「感謝」の気持ちを持って接すれば同様なことは

なくなるはずです。これはお米以外にもいえ、五体満足に生きていることや仕事ができる事に

感謝すると必ず良い結果が生まれると思います。

  みのりの秋を向かえ、弊社でも更なる飛躍が出来るよう「感謝」の気持ちを持って

頑張りたいと思います。

 

                                                               みのり商会  中田 吉行

資料請求はこちら
みのりホームの無添加住宅 ティータイム通信

無料ご相談・お問い合わせ

089-976-0050 ※お電話の受付時間 9:00~18:00
(定休日:年末年始)
お問い合わせフォーム